水虫 におい

Image Replacement

水虫においの素

m01.jpg

水虫においの素(もと)とひっかけてしまいましたが、水虫と足のにおいには何か関係があるのでしょうか。水虫のにおいの原因について調べてみました。

水虫になると足ににおいがでるとよく言われます。どうして水虫になると足のにおいがキツくなるのでしょうか?

最初に結果を話してしまいますが、水虫感染者と水虫じゃない方の足のにおいのちがいは長時間靴を履くとすぐわかります。足がムレた状態をつくってあげることで、そのにおいの差がすぐにわかってしまうのです。

もちろん水虫感染者の足の方が臭く、プンプン漂う結果になります。



何故でしょう?水虫菌(白癬菌)そのものが悪臭を放っているのでしょうか・・・・
いいえ、実は水虫菌そのものからはにおいは発生していません。


水虫感染者の患部から発生するにおいは、角質層にすみついた水虫菌に対抗しようと、体の免疫が働いて、皮膚の中からリンパ液が出てきて水虫菌と対決します。やがてリンパ液は汗と一緒になり角質を湿らせていき皮膚を柔らかくします。

皮膚の表面にはブドウ球菌などの細菌が皮膚に侵入するスキを伺っています。通常、細菌は硬い皮膚に覆われている状態では角質層までは侵入できません。しかし柔らかくなった皮膚をみつけると細菌たちはつぎつぎに侵入してきます。

そして柔らかい皮膚に侵入した細菌はすぐに活性化します。活性化した細菌は脂肪酸などの腐敗性物質をつぎつぎに増産していきます。これがにおい元で強烈な悪臭を発生させるのです。


つまり、水虫のにおいの正体は水虫菌(白癬菌)ではなくて、水虫菌を駆除しようと体の免疫が働いたスキをみて入り込んだ細菌の仕業だったのです。そのほかに水虫菌と戦ったリンパ液の死骸や汗も悪臭を発生させる原因になります。

水虫がにおいというより、水虫に感染したことで細菌が侵入しやすい環境をつくってしまったという理由が正しい原因といえるでしょう。



ここまでお話ししましたので、水虫のなかでも特に悪臭を発生させる水虫の種類もお伝えしておきますと、趾間びらん型水虫や角質増殖型水虫の方は足がムレると強烈なにおいを発生させる傾向があります。

趾間びらん型水虫は指のお股にできるため、指の間は乾燥しにくく細菌が感染しやすい環境になります。角質増殖型水虫は角質が厚くなりふやけるのでにおいを発生させます。その他にも足が汗っかきな水虫感染者さんも要注意です。



少しでもにおいをおさえるためには、毎晩、お風呂で足の指を1本づつ丁寧に洗うだけでも、多少の細菌の付着を防ぐことはできます。またリンパ液や指のお股の汗も洗い流せますので多少の効果はあります。そのあとお風呂あがりによく乾燥させると、さらに効果的なにおい対策になります。

ただにおいの原因をつくっている水虫そのものを撃退したわけではありませんから、また翌日、靴を長時間履いてしまえば元に戻ってしまうことはいうまでもありません。

足のにおいは水虫を完全完治させない限りは、いつまで経っても細菌の侵入は阻止できませんから、当然ですが悪臭もなおりません。


においを抑えるいちばんの有効薬は、水虫をきちんと治すことです!


ただ皮膚科に行くのって少し恥ずかしいし、
彼や友人にみられたくないものです。

自宅でこっそり治せるものなら治したいと思うのが自然です。

水虫においの素

水虫かゆい訳